「指きりげんまん嘘ついたら家事全般任す」の語呂の良さが最高にエクセレント

posted 2日前

ひとが「あらいいわね」なんて言うのは、
「どうでもいいわね」と言っているのと同じなんだよ。

posted 2日前

el-j-clipping:


非常にわかりやすい「親族の呼び方」をまとめた1枚の図表 - feely

posted 2日前

寿命があるのは怠けないための仕掛け

posted 2日前

「本人の前で同じことを言えないなら悪口」

これに尽きる。

posted 2日前

「2度寝もOK? 辛い時は寝逃げが有効」という記事のなかで、坪田先生は「睡眠の効果」について以下のように語っていらっしゃいます。
 

眠ることによって、現実から逃避する方法を“寝逃げ”といいます。(中略)

寝逃げには、悩み事で一杯になった脳を、眠ることでしばらく休ませてリセットする働きがあります。また、時間が解決してくれる問題もありますから、「果報は寝て待て」の実践にもなります。

私ってば、知らず知らずに「寝逃げ効果」を実践してるじゃないの! 偉いわ〜。と自画自賛しつつ、記事を熟読。

眠ることは、現実から逃避するだけではありません。眠っている間に、問題解決の糸口を見つけることができます。追想法あるいは レミニセンスと呼ばれるスキルです。

眠る前に問題について考えておくと、目が覚めたときにヒントが得られることがあります。発明王・エジソンやノーベル物理学賞の湯川秀樹博士も、この方法からアイデアを得ていました。レム睡眠中に行われる、脳のメンテナンスに関係があるのではないか、と考えられています。

あら? 私の場合、目覚めた時に問題解決することはなく、目が覚めたらまた現実を直視するだけ。だからまた現実逃避したくて寝てしまう……という悪循環で、結果、一年中「暁を覚えず」になってます(笑)。

坪田先生によると、問題解決する場合は

眠る前に問題となっている事柄をよく考えてください。内容が具体的であればあるほど、成果は大きいといわれています。そして、自分なりに解決方法も考えてみてください。こちらは、深みにはまって袋小路に入らない程度にしておきましょう。

最後に、「次に目が覚めたときには、問題の解決方法を思いついている」と、強く念じます。ここで疑ってはいけません。この自己暗示が深層心理に働きかけて、問題解決のアイデアを探し出してくれます。

とのこと。

なるほど。寝る前に真剣に問題を直視し、深みにはまる前にとっとと切り上げ、「この問題の解決法は必ずある」と信じることが大事ってことなのね。私はただ現実逃避していただけだったので、今夜から坪井先生のこのアドバイスを実行してみたいと思います。

また「深い睡眠時には得られない効果」として、「二度寝の間は、周囲からの光や音、布団の触感などが、ほんわかとした信号としてキャッチされていま す。これが淡く暖かな光に包まれて、宙に体が浮いたような感じを作り出し、幸せな気分にしてくれるのです」と、二度寝の勧めもされています。二度寝は、気 分が落ち込んでいる時ほど心に効果があるとか。

posted 2日前

highlandvalley:

Twitter / Minoru0320: 太陽の顏 (´Д`) …

posted 2日前

私が冗談で「寄せ鍋理論」と名付けている理論がある。たとえば、ひとりの友人に、いまから私と話をしましょう、そのための時間をください、と言ったら、不安になって警戒されるだろう。でも、いまからおいしい鍋を食べませんか、といえば、ああいいですね、行きましょう、ということになるだろう。

人と話をしたいなと思ったら、話をしましょうとお願いしても無理なのだ。考えてみれば奇妙なことである。けっきょく何が目的で鍋を囲むかというと、お互い話をするためである。だったら話だけすればよいではないか。

しかし、人は、お互いの存在をむき出しにすることが、ほんとうに苦手だ。私たちは、相手の目を見たくないし、自分の目も見られたくない。
私たちは、お互いの目を見ずにすますために、私たちの間に小さな鍋を置いて、そこを見るのである。

posted 2日前

日本でこの「ストレスをかけ過ぎると壊れる」というのが認識されないのは簡単で、日本の成功者の殆どが「過度のストレスを耐え切った」選別された人たちだからです。でも当人は選別されたと気づいていません。自分の回りにいるのが選別された人ばかりだから、世の中の人はみんなこんなものだと思っています。弱い人がいるとは全く思わないので、そういうのにぶち当たると異常にしか見えません。苦労して成功すれば成功するほど、この傾向は強まります。
想像力のない超人たちが「繊細な弱者」をへし折ること | 独り言v6 (via growmoss)

(poochinから)

posted 2日前

その3 おさいせんを投げてはいけません

[…]

伊勢神宮の最も重要な規定は「私幣禁断」。つまり、個人的な願いをかなえようと手を合わせてはいけません、ということ。

[…]

平安時代にできたマニュアル「伊勢太神宮式」では、「天皇以外の者が奉幣すること」が禁止なのです。

[…]

内宮も外宮も白い敷布が敷いてあって、そこにはおさい銭がちらほら見られますが、あれは、だめと言っているのに、おさい銭を投げ込むやからがいて、お金が地面に接触して聖域が穢れてしまうのを防ぐための「防御装置」です。

posted 2日前