日本が過去の敗戦の歴史を心理的にきちんと清算できずに、いまだ敗者ポジションに甘んじ続ける状況にあるのは、日本のジャーナリズムの未熟さだといわれても仕方ないのか

posted 5分前

burnworks:

これは可愛いすぎるwww 日本のおばちゃんの刺繍バッチwww – Japaaan

posted 5分前

somenigganamedphilniggason:

Proper.

posted 6分前

「悪質なものなどいらない。良質なものだけ最初から集めればいい」という人は、「質というものは常に量の中にしか存在しない」という法則を忘れているか、あえて無視しているとしか思えない。

posted 16分前

onlyoldphotography:

Vivian Maier: Chicago, IL. 1950s.

onlyoldphotography:

Vivian Maier: Chicago, IL. 1950s.

(dannnaoから)

posted 16分前

船は港にいる時最も安全であるが、

それは船が作られた目的ではない。

パウロ・コエーリョの名言 (via gbender) (via nobaba1981) (via nemoi) (via petapeta) (via ipodstyle) (via yaruo)
2010-01-05 (via gkojay) (via edieelee) (via shinoddddd, blackwidowrus) (via oharico) (via dukkha) (via dannnao)

posted 17分前

(元記事: udon0316 (twinleavesから))

posted 26分前

bochinohito:

Message in a bottle, 21st century style - Imgur

posted 29分前

中国「ウイグル弾圧うめぇwwww」
国連 知らんぷり
NHK 知らんぷり
 
日本人「慰安婦問題は解決してるじゃん?日韓基本条約」
国連「ヘイトスピーチ」
NHK 「差別、ヘイトスピーチ」

posted 30分前

cooking-recipes-jp:

老舗の味「玉ひで」の元祖親子丼の再現レシピ | nanapi [ナナピ]

 材料(1人分)
    鶏もも肉と胸肉(皮をとったもの):80g
    卵(L):2個
    (A)本みりん:大さじ3半
    (A)しょうゆ:大さじ1半
    (A)だし汁:大さじ1
    ごはん:丼1杯
だし汁は顆粒だしをお湯で溶いたものでも良いですが、昆布とかつおの合わせ出汁を使うと、より本物に近づきます。
この親子丼は玉ねぎや三つ葉などを加えない、素材の美味しさを引き出して勝負するものなので、鶏肉、調味料とも、できるだけ良いものを選びましょう。

 元祖親子丼の作り方
STEP1:鶏肉を切る
鶏肉を一口大のぶつ切りにします。

STEP2:卵をほぐす
ボウルに卵を割りいれ、かるく混ぜます。
混ぜすぎるとコシがなくなり、出来上がったときの味に変化がなくなるので、大きく混ぜるようにしましょう。

STEP3:割り下を作る
親子鍋か小さなフライパンに(A)の調味料を入れてよく混ぜます。

STEP4:鶏肉を煮る
そこへ切った鶏肉を入れて混ぜ、中火にかけます。
本みりんはアルコール分を含むため、火がつく場合があるので注意してください。

STEP5:玉子を入れる
鶏肉に火が通ったら、玉子の八割量をかけまわすように加え、ゆすりながら広げます。このときフタはしません。

STEP6:ごはんの準備
丼にごはんをよそっておきます。

STEP7:玉子を追加し、ごはんにのせる
玉子が半熟状までかたまったら、残りの玉子を加えて火をとめます。表面がテラテラしている状態で、ごはんの上にすべらすように移します。
ポイントは玉子を2回に分けて調理することです。これによって、半熟ふわふわの特製二層構造の親子丼が出来上がります。

完成!
丼のフタをして蒸らし、ほどよく玉子がかたまったら出来上がりです。

cooking-recipes-jp:

老舗の味「玉ひで」の元祖親子丼の再現レシピ | nanapi [ナナピ]

材料(1人分)
鶏もも肉と胸肉(皮をとったもの):80g
卵(L):2個
(A)本みりん:大さじ3半
(A)しょうゆ:大さじ1半
(A)だし汁:大さじ1
ごはん:丼1杯
だし汁は顆粒だしをお湯で溶いたものでも良いですが、昆布とかつおの合わせ出汁を使うと、より本物に近づきます。
この親子丼は玉ねぎや三つ葉などを加えない、素材の美味しさを引き出して勝負するものなので、鶏肉、調味料とも、できるだけ良いものを選びましょう。

元祖親子丼の作り方
STEP1:鶏肉を切る
鶏肉を一口大のぶつ切りにします。

STEP2:卵をほぐす
ボウルに卵を割りいれ、かるく混ぜます。
混ぜすぎるとコシがなくなり、出来上がったときの味に変化がなくなるので、大きく混ぜるようにしましょう。

STEP3:割り下を作る
親子鍋か小さなフライパンに(A)の調味料を入れてよく混ぜます。

STEP4:鶏肉を煮る
そこへ切った鶏肉を入れて混ぜ、中火にかけます。
本みりんはアルコール分を含むため、火がつく場合があるので注意してください。

STEP5:玉子を入れる
鶏肉に火が通ったら、玉子の八割量をかけまわすように加え、ゆすりながら広げます。このときフタはしません。

STEP6:ごはんの準備
丼にごはんをよそっておきます。

STEP7:玉子を追加し、ごはんにのせる
玉子が半熟状までかたまったら、残りの玉子を加えて火をとめます。表面がテラテラしている状態で、ごはんの上にすべらすように移します。
ポイントは玉子を2回に分けて調理することです。これによって、半熟ふわふわの特製二層構造の親子丼が出来上がります。

完成!
丼のフタをして蒸らし、ほどよく玉子がかたまったら出来上がりです。

posted 32分前